top of page

ついに商品化へ

更新日:2023年7月30日

ようやく、原材料の選定が決まり、製造を引き受けて下さる加工所が決まり、試作品の製造と、パッケージデザインの製作に取り掛かりました。



原材料にこだわった事から、元々の調味料の配合を大きく変えることになり、完成に至るまでにまた、多くの時間を要しました。


完成しては作り直しの日々で、

毎回、次こそは!と言う思いでレシピを作り直し、

また思う様な形にならず…


パッケージデザインや、リーフレット、ホームページ製作も含めて、全てにおいて私達は未経験の連続でした。

もちろん、外注すれば簡単に片付く問題なのかも知れませんが、私達に潤沢な資金があるわけでもありません。


自分達の手で出来る限りの事は…

そんな思いで、2人で一歩一歩、色々な事を1から学ぶ日々でしたので、相当な時間を要しました。


それくらいの頃から、そんな慣れない事に奮闘する私達の姿を見て、協力して下さる方々に多く出会う事ができたのです。

『餅は餅屋だよ』とのお言葉を頂き、各分野での専門的な知識を持った方々をご紹介頂く事が出来ました。

周りの人の力を借りる事の大切さも、学ばせてもらった気がします。


そうして、約2年の歳月をかけて、ようやく、商品化に辿り着きました。



つづく…

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

遺伝子技術の発展に対して私達が思うこと

前回の続きになりますが、 私達は遺伝子組み換えやゲノム編集作物に対して、一方的に否定をするつもりはありません。 今回は少し難しい内容ですが、 遺伝子組み換えやゲノム編集のメリットについても触れていき、それを踏まえて私達の思いを書きたいと思います。 遺伝子組み換えとゲノム編集の違いは 従来の遺伝子組み換え生物の場合… 細胞に外来の遺伝子を挿入して、新しい性質を持たせること ゲノム編集生物の場合… そ

Comments


bottom of page