top of page

天草の加工所との出会い

更新日:2023年7月30日

2021年3月、女性2人で

『saisonkitchen -セゾンキッチン-』と言う

小さな小さな会社を立ち上げました。



大人から子供まで、毎日美味しく、安全に安心して食べられる食品を作ろう!

そんな思いで、私達はワクワクした気持ちに満ち溢れていました。



とは言え、私達は、現役のエステティシャンです。

エステティック以外の知識は全くありません。


食品販売ってそもそもどうやってするんだろう?

何か、どこかから、認可してもらう必要があるのか?

まずは、保健所に問い合わせしてみようか?

そんなところからのスタートでした。



そこからは、様々な課題の連続でした。



元々は、どこかのキッチンをお借りして、自分達で手作りして、それを瓶に詰めて、パッケージはおしゃれに可愛く…なんて、ワクワクしながら話していました。


しかし、実際に食品衛生法や製造許可について学んでいくと、食品を販売するにあたって、そんな甘い管理基準では、消費者が安心して口に入れるものを販売できる訳がない、と言うことを知りました。



一度は諦めてしまいそうになりましたが、

そこで、OEMと言う方法がある事を知人から教わりました。

食品を加工してくださる製造所に私達が依頼すると言う形です。


そこで、私達の思いを理解して、この商品を一緒に形にしてくれる所はないか、全国の加工所を調べては、問い合わせる…と言う日々が続きました。


そもそも、大きな加工所では、私達が依頼するようなこんな少ないロット数では、門前払いと言うのが、ほとんどでした。


また、納豆と言う菌を持つ特殊な食品の性質上、他の製造ラインにある食材への影響が分からない、と言う理由で断られる事も多々ありました。


そんな中、偶然見つけたのが、熊本県天草市にある、小さな加工所でした。


つづく…



閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

遺伝子技術の発展に対して私達が思うこと

前回の続きになりますが、 私達は遺伝子組み換えやゲノム編集作物に対して、一方的に否定をするつもりはありません。 今回は少し難しい内容ですが、 遺伝子組み換えやゲノム編集のメリットについても触れていき、それを踏まえて私達の思いを書きたいと思います。 遺伝子組み換えとゲノム編集の違いは 従来の遺伝子組み換え生物の場合… 細胞に外来の遺伝子を挿入して、新しい性質を持たせること ゲノム編集生物の場合… そ

bottom of page