top of page

納豆麹の原材料選び

更新日:2023年7月30日

天草での製造が決まり、

やっと商品化が出来る!

私達にとって、とても大きな前進でした。


試作品を作る中で、

せっかくなら、これまで学んできた経験や知識を活かして、より理想の完成品を目指したくなり、

原材料の選び方を見直そうと言う事になりました。


こだわったのは、

①食材の持つ性質を踏まえて、

原材料選びを行ったこと。

そして、できる限り、

②自然の摂理に沿って出来た作物を使うこと。



食材の持つ性質とは、

東洋医学の一端である、食材のもつ〝陰陽〟や、〝アルカリ・酸性〟の理論に基づく考え方です。



自然の摂理に沿って出来た作物とは、

農薬や化学肥料、有機肥料さえも使わず、

除草剤も使わない、

虫や雑草も敵にしない、土も耕さない、

自然の流れに任せた栽培方法です。



その分、原材料費はとてもかかるのですが、

それでも、私達自身、そのような食品が一つでも世の中に増えて欲しい、そんな思いで食品販売に携わり始めた身なので、この気持ちは大切にしておきたいと言う結論に至りました。



つづく…




閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

遺伝子技術の発展に対して私達が思うこと

前回の続きになりますが、 私達は遺伝子組み換えやゲノム編集作物に対して、一方的に否定をするつもりはありません。 今回は少し難しい内容ですが、 遺伝子組み換えやゲノム編集のメリットについても触れていき、それを踏まえて私達の思いを書きたいと思います。 遺伝子組み換えとゲノム編集の違いは 従来の遺伝子組み換え生物の場合… 細胞に外来の遺伝子を挿入して、新しい性質を持たせること ゲノム編集生物の場合… そ

bottom of page