top of page

肌の変化がはっきりと分かる3つのステップ

更新日:2023年7月30日

『何を食べたら肌がキレイになるか』を考える前に、

『元気な胃腸に戻そう』と思い始めた私は、

体について学ぶ中で、

胃腸の働きを高めるには、

大きく3つのステップに分かれていると気づきました。

①まず休める

②腸内細菌となるそのものを食べる

 または、

 腸内細菌のエサとなるものを食べる

③ミネラルとタンパク質を摂る


日々の肌荒れ程度なら、この3つのステップだけでもかなり変化を、実感できると思います。


ここはとても重要なポイントなので、

このステップの詳細については、

また別の記事でお話したいと思います。


そして、この3つのポイントを実践する事で、

まず、お通じが良くなる事はもちろん、

頻繁に起こっていた胃もたれも、ほとんど感じなくなっていきました。

私のおなかが、食べた物をちゃんと消化吸収できるようになってきた事を実感したのです。


胃腸が少しずつ元気になり、食べる事が楽しくなり、やっとスタートラインに立てた私。

そこからは、

自分で料理をする機会が増え、その頃に発酵食に出会いました。

私が発酵食を好きになった理由は

①発酵という過程を経ることで、身体にとって、とても吸収しやすい状態である事=胃腸に負担をかけない


②高温多湿な気候の日本では、伝統的に昔から食べ続けてきた、日本人の体質にとても相性の良い物である。


という、素晴らしい条件が揃っていることに気づいたからです。

そこから、麹や自然塩を使って発酵調味料を手作りしたり、醤油やみりんなどの調味料にこだわり、納豆、梅干しやぬか漬けなど、様々な発酵食を取り入れるようになりました。


それに加えて、胃腸の働きを高める為に、どの様な食事法が適しているのか、どんな食材を選べば良いのか、体質によって変えていく必要があるのかなど…様々な事を学びました。


そして、食事改善を始めて2年程、気がついた時にはステロイド剤を一切使わなくなっていました。



つづく…

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

遺伝子技術の発展に対して私達が思うこと

前回の続きになりますが、 私達は遺伝子組み換えやゲノム編集作物に対して、一方的に否定をするつもりはありません。 今回は少し難しい内容ですが、 遺伝子組み換えやゲノム編集のメリットについても触れていき、それを踏まえて私達の思いを書きたいと思います。 遺伝子組み換えとゲノム編集の違いは 従来の遺伝子組み換え生物の場合… 細胞に外来の遺伝子を挿入して、新しい性質を持たせること ゲノム編集生物の場合… そ

Comments


bottom of page